仮想通貨の税金

仮想通貨で利益を出した場合、税金はどれくらいかかるのでしょうか?

また、ビットコインでイーサリアムやリップルなどの別の仮想通貨を購入した場合は税金はかからない?など、いろいろな疑問があると思います。

今回は、2018年1月時点で確定している仮想通貨の税金に関する基本情報をまとめました。

1.仮想通貨の税金はどんなときに発生するの?

まず、そもそも仮想通貨の取引などを行った場合、どんなときに税金は発生するのでしょうか。

当然、税金が発生しなければ税金の心配をする必要はありません。というわけで、どんなときに税金が発生するのかを知っておくことは、最も大切です。

結論から言えば、仮想通貨の税金は「利益が確定したとき」に発生します。

例えば、120万円でビットコインを購入し、130万円に値上がりした時点で売却すれば、10万円の利益が発生しますね。

この10万円に対して税金が発生します。

ときどき誤解している方もいるのですが、130万円で売却したからといって、130万円全部に税金がかかるわけではありません。

130万円のうち120万円は原資や元手と言われる、ビットコインの購入に使った自分のお金なので税金は発生しません。

税金が発生する最も基本的なパターンは「ビットコインなどの仮想通貨を購入時よりも高い価格で売り、利益が出た」ときです。

次に気になるのは、ビットコインを使ってイーサリアムやリップルなどの別の仮想通貨を購入したときに税金が発生するのかどうか、ということ。

結論から言えば、この場合も税金は発生します。

国税庁の公式見解が発表される前には、仮想通貨を法定通貨に変えず、仮想通貨を使って別の仮想通貨を購入した場合には税金は発生しないという説も出されていました。

しかし、残念ながら現在ではこの説は明確に否定されています。

具体的に考えてみましょう。

ビットコインが1枚100万円のときに、1枚を購入したとします。原資は100万円になりますね。

このとき、イーサリアムが1枚5万円なら、ビットコイン1枚で20枚のイーサリアムを買えることになります。

この場合には、100万円で購入したビットコインでイーサリアムを購入しても、税金は発生しません。

ビットコインの価格は100万円のままなので、別の仮想通貨を購入したからと言って利益は発生したことにはならないからです。

ここで、ビットコインの価格が200万円になったとしましょう。イーサリアムの価格は変わらずに1枚5万円のままです。

ビットコイン1枚で40枚のイーサリアムを買えることになります。

この場合、ビットコインが1枚200万円に値上がりした状態でイーサリアムを購入すると、ビットコインの購入時点から100万円の利益が発生したと見なされます。

つまり、100万円の利益が確定し、税金が発生します。

仮想通貨の税金が発生するのは「利益が確定」したときでした。そして、ある仮想通貨を使って別の仮想通貨を購入すると、その時点で購入に使った仮想通貨が値上がりしていれば、利益が確定したと見なされます。

これは仮想通貨で別の仮想通貨を購入した場合だけでなく、他の商品やサービスを購入した場合も同じです。

例えば、ビットコインを使って何らかの家電を購入したとしましょう。

その時に使ったビットコインの価格が、ビットコインを購入したときの価格よりも値上がりしてれば、利益分に対して税金が発生します。

含み益には課税されない

逆に考えると、仮想通貨では利益が確定しなければ税金は発生しません。

つまり、一度購入した仮想通貨がどれほど値上がりしようと、売却するかその仮想通貨を使って他の仮想通貨を含む商品やサービスを購入しない限り利益は確定したと見なされません。

一度購入した仮想通貨をずっと保有し続ける限りは、税金の心配はしなくてもよいということです。

ただし、ずっと保有し続けるということは、持っている仮想通貨の価格が暴落したときに利益が減ったり、逆に元本割れしたりしてしまうリスクを抱えるということでもあるので、それはそれで別の問題がありますが…。

以上、仮想通貨の取引等において税金が発生する代表的な3つのパターンをご紹介しました。もちろん、他にも税金が発生するケースはありますが、とりあえずはこの3つを抑えておけば大丈夫です。

最後にまとめておきます。

1. 購入した仮想通貨が購入時の価格より値上がりしたときに売却する
2. 購入した仮想通貨が購入時の価格より値上がりした時点で、その仮想通貨を使って別の仮想通貨を購入する
3.. 購入した仮想通貨が購入時の価格より値上がりした時点で、その仮想通貨を使って何らかの商品やサービスを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です