ホールド(ガチホ)か細かな利確か―仮想通貨投資の基本的な考え方

仮想通貨投資で大きな利益を上げるためには、チャートの読み方はもちろん重要ですし、また仮想通貨に関する様々な情報をリアルタイムで集める必要あります。

ただし、しっかりと情報収集やチャート分析を行いながら取引を繰り返すよりも、一度購入したままずっと保有し続けていた方が利益が多かったというケースも決して少なくありません。

特に、2017年はビットコインを初めとした仮想通貨は数十倍から数百倍の価格上昇率を示しており、下手に売り買いするよりも年始に購入したまま年末まで持っていた方が多くの利益を得られたという人が多かったかもしれません。

2018年がどうなるのかは分かりません。

1月半ばに大きく下落しているので、少なくとも12月の価格まで価格が戻る可能性は十分に高いですし、仮想通貨自体がまだまだ発展途上ということを考えるなら、さらなる価格向上も期待できるという意見もあります。

一方で、G20では仮想通貨に対する扱いが大きな議題となっており、先進国が仮想通貨を大きく規制する方向に動いた場合には、大きく価格が下落するという懸念もあります。

楽観派と悲観派の意見はそれぞれですが、いずれにせよ仮想通貨取引を行う場合には、最新のニュースを常にキャッチできるようにしておく必要があります。

その上で、仮想通貨取引の基本的な戦略、ガチホについて簡単に説明します。

仮想通貨取引のホールド(ガチホ)戦略のメリットとデメリット

ガチホとは聞きなれない言葉かもしれませんが、「ガチホールド」の略語で、ある仮想通貨を購入した後は、どれほど価格が落ちたり、悪材料となるニュースが出たりしても、その仮想通貨が将来的に何倍~何十倍にも値上がりすると信じて、ひたすら保有することです。

ガチホのメリットは、購入した仮想通貨が値上がりさえすれば、必ず利益が出ることです。特に、仮想通貨の価格が大きく上がるときは、短時間で急騰することが多いため、購入するタイミングを計っていると、安い価格で買いそびれてしまう可能性が高くなります。

ガチホであれば、どれだけ急に仮想通貨の価格が上がっても、最初から保有しているので買いそびれることはありません。

逆にガチホのデメリットは、購入した仮想通貨の価格が大きく下落したときに、動かしにくくなってしまうことです。

特に、購入時の価格を下回って元本割れした場合、損切りしたくないという心理に陥ってしまうと、そのまま機会損失になってしまう可能性が高まります。

特に、評価の高い仮想通貨が一時的に下落したときは、資金を追加して枚数を増やすチャンスです。

細かく利確を繰り返す人であれば、価格下落時により安く購入できるので、再び値上がりしたときに結果的に大きな利益を出すことができます。

これがガチホの場合、追加で資金を投入するのでなければ、ただ単に購入する期間を指をくわえて見ているだけということになります。

結論から言えば、価格上昇トレンドのときはガチホが有利です。細かく売買を繰り返していると、価格が急騰したときに買い逃してしまう可能性が高くなります。

逆に、価格下落トレンドの場合は、ガチホだと枚数を増やすチャンスを逃してしまうことになります。もちろん、下手にリスクを取って損してしまうよりは、機会を逃してガチホしておいた方が良いでしょう。

しかし、明らかな下落トレンドのときは、一端利確して価格がある程度下がったところで買いなおせば、同じ投資額で保有する仮想通貨の枚数を増やすことができます。

仮想通貨の価格が上がり調子のときは基本的にガチホが有利なのですが、このことも理解しておくとより利益を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です