仮想通貨取引の基本ーどの仮想通貨を購入するか

仮想通貨には株取引と異なり、ファンダメンタル分析というのはありません。

仮想通貨は企業ではないので、財務諸表などはないからです。

その代わり、その仮想通貨がどのようなヴィジョンを持って世に出されたか、また今後どのような用途に用いられるかなどを調べて、これは将来性があると思った通貨に投資をすることはできます。これはファンダメンタル分析に近い見方かもしれません。

実際、たくさんある仮想通貨は採用しているブロックチェーンシステムが異なりますし、どのような用途に用いるかの開発意図も異なります。

みんなが購入しているから自分も買うという戦略もときには当たりますが、しっかりと下調べをした上で購入する仮想通貨を選ぶことも大切です。

その上で、主要な仮想通貨の区分について簡単に説明します。

ビットコイン

言うまでもなく、仮想通貨の代表的な存在です。2018年1月末時点での価格は120万円から130万円。

2017年12月にはバブル的な急騰を見せ、一時期250万円を超えたこともありましたが、2018年1月半ばの大暴落によって100万円から130万円に落ちてしまいました。

今後どこまで値上がりするかは不透明ですが、仮想通貨市場が順調に成長し続ければ、少なくとも過去の最高値の250万円は超えそうです。

ただし、ビットコインは送金手数料の高さと送信時間の遅さという問題を抱えており、しばしばビットコインキャッシュにその地位を取って代わられるのではないかという噂が流れることもあります。

実際、ビットコインの価格が大きく下落し、逆にビットコインキャッシュの価格が大きく上昇するということが過去2度起きています。

ビットコインの送金時間の長さについては、ライトニングネットワークが実装されれば解決すると言われていますが、送金手数料の高さについては課題のままです。

とは言え、仮想通貨で最も知られた存在であるビットコインの人気は依然として高く、よほどのことがない限り当面の地位は安泰という見方をする人が多いようです。

実際、アルトコインの多くはビットコイン建てでしか買えないことも多く、そのためかアルトコインのほとんどはビットコインの価格の変化に引きずられています。/

ビットコインキャッシュとの関係に注意が必要ですが、仮想通貨投資を始めたばかりの方が購入するにはやはり最もオススメです。

※コインチェックの不正送金事件では、ビットコインは他のアルトコインよりもセキュリティー体制が高かったようです。もちろん、セキュリティーが弱い取引所は利用する価値はありませんが、ビットコインだけ優遇されていたのは注目に値します。取り扱いの歴史が長いだけで、取引所のセキュリティーのノウハウが整っているということかもしれません。

アルトコイン

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨を指します。ただし、最近では後述する草コインと区別して、ビットコイン以外の仮想通貨の中でも認知度の高いコインだけを指す場合も多いようです。

アルトコインの代表的な存在としては、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュが挙げられます。

また、最近ではネムやモナコインも良く知られたアルトコインとなっています。

これらのアルトコインはすでに十分に値上がりし、また一定の実用性も認められているため、数ある仮想通貨の中では信頼度が高い投資先と言えます。

また、ビットコインの後に開発されたものばかりなので、認知度はともかく、ビットコインよりも技術的に優れたコインが多くなっています。

さらに、ビットコインと比べると1枚あたりの価格が安いため、心理的にも買いやすいという点もあります。

実際はビットコインも1枚以下の単位(例えば、0.1枚や0.05枚など)で購入できますが、やはり1枚100万円以上というのは初心者の方にとって躊躇う理由となる可能性があります。

投資の収益という点で言えば、ビットコインよりもアルトコインの方が高い利率が期待できるという見込みがあります。

現在120万円程度のビットコインが今後10倍や20倍になることはちょっと考えにくいですが、まだまだ価格の安いアルトコインなら伸び率はビットコインよりも高いと期待できます。

※ただし、ビットコインが10倍になることは十分にあり得る、と主張する方も少なくありません。また、仮想通貨の価格は発行枚数が大きく影響するため、単純に数百円の仮想通貨がビットコインのように何十万円、百何十万円に値上がりする可能性を秘めているというわけでもありません。

主要なアルトコインの中には、ヴィジョンなどが面白いものもたくさんあるので、ビットコイン投資だけでは物足りない方や、ビットコインではつまらないという方はアルトコイン投資を検討するのもオススメです。

注意点としては、アルトコインは価格の変動が激しいことです。ビットコイン自体、価格の変動は大きいのですが、アルトコインはそれ以上です。

もちろん、上手く暴騰の波に乗ることができれば大きな利益が出ますが、逆に高値掴みしてしまうと長期に渡って塩漬けを余儀なくされてしまいます。

例えば、リップルは2017年5月には40円近くに値上がりしましたが、すぐに半額以下に下落。その後は20円程度で2017年12月までずっと推移していました。

2017年12月-2018年1月の冒頭では一時400円を超えるほど値上がりしたため、5月に高値掴みをした方もずっと握っていれば大きな利益を得たことになります。

ただし、半年以上の間資金を寝かせなければいけないというのは、ビットコインなどの他の仮想通貨が値上がりしていたことを考えるなら機会損失とも言えます。

この辺りは考え方次第ですが、メジャーなアルトコインの価格の変化には激しいものもあるということは注意しておいてください。

※リップルは2018年1月に400円を超えた後、徐々に価格が下がっていき、1月半ばのビットコインの大暴落では100円近くまで落ちました。最高値から1/4近くになったので、2017年5月以上の下落率です。1月末には少しずつ持ち直し、150円程度まで回復しています。

草コイン

アルトコインの中でも、ほとんど知られていない仮想通貨のことを草コインまたは草アルトコインと言います。

イーサリアムやリップルのような主要アルトコインと違って認知度が低く、場合によってはほとんど知られていないものもあります。

また、実用性があるかどうかも未知数です。

そのため、1枚の購入価格は極めて安く、1円を切るものたくさんあります。

草コインは投資先として考えた場合、非常にハイリスク・ハイリターンです。

例えば、1枚0.5円の草コインが50円になることもあります。100倍になるので、10万円を投資していれば1000万円になります。

逆に、高値で使うと悲劇です。何十倍になることもあれば、逆に何十分の一になってしまうこともあります。

50円に値上がりしたコインがその後5円まで下落すると、10分の1になってしまいます。10万円投資していれば、1万円です。

今のところ、ビットコインや主要アルトコインは値上がりし続けているため、高値掴みしてしまった場合も、しばらく保有し続けていればやがて購入価格を上回っています。

しかし、草コインではいったん価格が下落すると、どんどん価格が下がっていき、そのままほとんど無価値になってしまうものも少なくありません。

※もちろん、今後はビットコインや主要アルトコインだって価格が上がり続けるとは限りません。仮想通貨はまだ始まったばかりですが、過剰な期待は危険です。

当然、投資した額が大きければ大きいほど損失は大きくなります。

さらに、草コインの中には何の価値も将来的なビジョンもない詐欺的なものもあります。そういったコインを購入してしまうと、利益は全く見込めず、損失が出るだけでしょう。

もちろん、草アルトコインの中にはしっかりとした開発陣がいて、将来的な期待も大きなものもあります。

そういった草アルトを上手く見つけることができれば、少ない投資額で大きなリターンを得ることも夢ではありません。

草コインは本当に玉石混交なので、投資するときには大きな注意が必要です。ハイリスク・ハイリターンであることを決して忘れないでください。

また、草コインの多くは日本の取引所では扱っていないので、バイナンスなどの海外の取引所を利用することになります。

コインチェックの事件があったように、日本の取引所だからと言って安全というわけではありませんが、海外の取引所は日本以上に慎重な利用が求められます。

中にはセキュリティー体制が怪しい取引所もあるので、利用には細心の注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です